全身脱毛に関する情報が満載!

気になる全身脱毛

全身脱毛をしているときは保湿ケアが大事!

全身脱毛をしているときは保湿ケアが大事! 全身脱毛を受けると施術後、サロンでは保湿クリームを塗ってアフターケアをしてくれます。
しかし、それ以降、自分できちんと保湿ケアをしていますか。
サロンでアフターケアをしたから特に気にせずに行わない方もいますが、すると肌は乾燥が進み、様々な肌トラブルが生じやすくなります。
実は脱毛をしたばかりの皮膚はダメージを受けていて、それを鎮めるためにサロンでは保湿クリームを塗っています。
しかし、そのサロンでの保湿効果が続くのは当日くらいです。
その後、自分で保湿ケアを続けなければ肌は乾燥して刺激に弱くなってしまいます。
肌は乾燥すると、吹き出物ができやすくなったりエイジングサインが現れやすくなってしまいます。
そのため、全身脱毛をしている場合は自分でも保湿ケアをすることが必要なのです。
乾燥しらずの潤いのある肌にするためには普段から保湿ケアをすることが重要ですが、全身脱毛をしている場合は特に肌が刺激に弱くなっているので、外部刺激から守るためにもさらに重要です。

全身脱毛をしているとき保湿で痛みを軽減できる

全身脱毛をしているとき保湿で痛みを軽減できる ムダ毛が気にならないつるつるの肌になるために、全身脱毛をするときに、ムダ毛の毛根が太くて深い、脇やデリケートゾーン、脚などに光をあてると、毛根にあるメラニン色素と光が反応して熱に変わる瞬間に熱さや痛みを感じることがあります。
痛みは一瞬ですが、全身脱毛をする人の多くが、脱毛の初期の段階で感じています。
痛みは、肌が乾燥していると強くなる傾向があるため、保湿をして肌が乾燥しないようにして施術を受けると痛みを軽減することが期待できます。
脱毛前はもちろんですが、脱毛直後から、次の施術に備えて肌の保湿を心がけることで、痛みを軽減する効果を高めることができると言われています。
刺激が少なく、肌に優しい乳液やオイルを優しく塗るケアを続けていると、肌のコンディションが良くなり、肌の水分量を保ちやすくなります。
保湿をすることで、痛みを軽減できる上に、脱毛の効果も実感しやすくなると言われているので、全身脱毛をしているときには、保湿を心がけましょう。